アスミールは幼稚園児の時期から飲ませても大丈夫?

子供が生まれて幼稚園児になったけど周りの友達と比べて背が低いと将来的に不安になってしまいますよね?

アスミールは成長期応援飲料として多くのお子さんの成長をサポートしてきましたが、幼稚園児から飲ませるはためらってしまう気持ちはすごく分かります。

私の周りのママ友達の中で子供の血液検査をしたところ、成長ホルモンの分泌量が少ないと診断されてホルモン治療をするかしないかでとても悩んでいた時期を知っています。結局デメリットのほうを優先してホルモン治療はしないという決断をしたようです。

もしあなたのお子さんの成長が心配であれば血液検査で成長ホルモンの分泌量を確認したもらってくださいね

では、ここからはママ友の経験談を踏まえてアスミールについてお話してきます。

●はじめに

まずはじめにお伝えしたいことは子供の100人に2,3人は低身長症と判断されるということです。また、その多くは2,3歳で平均身長まで伸びるので年少の時期であればそれほど心配する必要はないと思います。

それでも心配だからアスミールを検討してみたいという場合は続けてお読みください。

●アスミールを飲み始める適切な時期

アスミールは健康食品という立ち位置なので薬と違って年齢制限というような区分はありません。ですので、幼稚園児でもお年寄りの方でもいつからでも飲んでいただいて構いません。

ただ、アスミールなどの成長期応援飲料を飲ませているお母さん方の声を拝見していると小学生に入学するタイミングで飲ませているというケースが大半でした。ですので、平均身長まで伸びるかもしれない時期の年少のタイミングでアスミールを飲ませるのは少し早いんじゃないかと思います。

●アスミールの安全性について

アスミールを含めて成長期応援飲料はとても人気が高いので多くのメーカーが商品化してきています。

私は健康食品を選ぶ時は慎重派なので、まず最初に確認するのは成分表です。そこで、多くの成長期応援飲料の成分を見てきて安全性が欠いている下記の3つの共通点が見つかりました。

1,味の種類が多い

2,安い

3,低カロリー

これら3つの要素が含まれている成長期応援飲料は注意してください。

では、順を追って説明していきます。

■味の種類が多い

味の種類が多いと好き嫌いが激しい子供にとって助かると思うかもしれませんが危険がいっぱいです。なぜなら、着色料や甘味料といった添加物がたくさん含まれている事がほとんどだからです。

そこで選び方のコツですがココア味を選ぶようにしてください。ココア味なら味も色も安全性の高いココアパウダーが使われるので安心です。

■安い

安いとお財布にやさしいので助かりますがその反面では取扱い、運搬、保存が便利になるように添加物がたくさん含まれている傾向にあります。

代表的なのが保存料や植物性油脂となりますので成分をしっかり確認して選ぶようにしてください。

■低カロリー

低カロリーと聞くと身体に良いイメージが湧きますが人工的に加工されている場合が多いため消化器官全般に負担が掛かりやすくあまりおすすめしません。

アスミールにおいては安全性を欠いた3つの共通点に全て当てはまらないので幼稚園児から飲ませるのであれば最適です。

とはいえ、個人的には小学校に入学したタイミングで飲ませてあげたほうが良いと思っています。実際に飲ませているお母さん方もそのタイミングで飲ませていた声が多かったですからね。もしよろしければ参考になさってください。

⇒ 子供の成長応援飲料なら「アスミール」 詳細はこちら



 

アスミールは楽天でも1位を獲得!【通販販売店はコチラ!】 TOPへ戻る